木枯らし1号の映画日記

映画を観た後つらつら感想並べたくなりますよね。その欲求をここで解消します。

『ジュマンジ』

ジュマンジ・ウェルカムトゥジャングル』が公開されるというので今回は元となっている『ジュマンジ』を。

f:id:movie-moving:20180406234411j:image

○ストーリー

1969年、大規模な靴工場の社長を父に持ついわゆる気弱なおぼっちゃまタイプのアランは厳しい性格の父とケンカをしていた。

ある日アランは地面の中から「ジュマンジ」という不思議なボードゲームを拾い自宅で友だちのサラと一緒にそのゲームを始める。

 

ジュマンジというボードゲームはサイコロの出た目に応じて不思議な現象が起こり、その現象もゲームが終わるまで止められないという呪いのボードゲームだった。

アランはそこでジュマンジの中の世界に閉じ込められてしまう。

 

 

舞台は1995年になり当時アランが住んでいた家は空き家になり、ジュディとピーターという子どもの姉弟が引っ越してくる。

そこで2人はジュマンジを見つけてしまいそのボードゲームを始めてしまう。ゲームによって大きな蚊や、猿やライオンを召喚してしまうが同時にジュマンジの世界に閉じ込められていたアラン(ロビン・ウィリアムズ)も26年ぶりに大人になった姿で元の世界に戻ってくる。

 

ゲームをクリアする為に当時アランと共にゲームをしていたサラもボードゲームに参加。アランとサラ、ジュディとピーターの4人でジュマンジを終わらせる為に様々な困難を乗り越える。

 

 

この映画を初めて観たときはまだ子どもだったが、ボードゲームを見つけた時のあの太鼓のような音や動物達が暴走してるシーンなどワクワクが止まらなかった。ライオンが出てくるシーンはかなりビビった。また次から次へと出てくるマス目の仕掛けはビックリ箱を覗くような楽しさがある。

 

CGなんかの出来もかなり良く出来ていて今見てもそんなに違和感なく見れるのだからとても素晴らしい。現代の子どもが見ても楽しめるのではないだろうか。

 

この映画のさらに良いところは完全なるハッピーエンドということ。

物語の終わりにジュマンジのゲームを終わらせた4人だが、アランとサラがまさかの26年前の子ども時代に戻るのである。なんとジュマンジを終わらせたことによりパラレルワールドに突入。父とケンカをして二度と会えないと思っていたアランは26年前に戻ったことにより無事に父と和解。

時は流れて晴れてサラと結ばれて後を継いだ靴工場も大成功。ハッピーエンド。

その後ジュマンジを知らずアランとサラとも出会っていないピーターとジュディと再会。

 

こんな都合のいいハッピーエンドがあるのかと驚いてしまうがそこがエンタメ作品の良いところ。とことんまで幸せに終わらせるという精神がなんとも気持ちのいい。

 

最新作を鑑賞前にこの作品に触れてから鑑賞するとより一層楽しめるのかもしれない。