木枯らし1号の映画日記

映画を観た後つらつら感想並べたくなりますよね。その欲求をここで解消します。

前作を観ていなくても楽しめる『レジェンド・オブ・ゾロ』

午後のロードショーで放映していたので鑑賞。

f:id:movie-moving:20180527131737j:image

『マスク・オブ・ゾロ』の続編である今作だが、前作を観ていなくても楽しめた。

 

この映画一番の感想は、ノリとか展開とか作り込みとかがザ・2000年代アクション映画。

正直嫌いじゃないぞ。むしろ好き。

 

主人公のゾロは一匹狼的なヒーローかと思いきや奥さんと子供がいて、パパが隠れてヒーローをやっているという状況。奥さんはヒーローやっていることを知っているが子供は知らないまま。

 

父親でいる時は冴えないがヒーローの時は大活躍、という割とベタなシーンも多くあるがやっぱりそういうシーンは見ていて面白い。

 

ちなみにゾロの奥さんも強く、子どもまでなかなかの強さを見せる。

ゾロだけでなく家族の活躍も見どころ。

ゾロと一緒にいた神父が序盤はアドバイスだけの役割だったのに、最後の方に謎の戦闘力を発揮していて笑ってしまった。

 

決して超大作とは言えないんだけど、元ネタである快傑ゾロという名にふさわしい快作、傑作という出来だった。

 

アメリカ舞台のアメリカ映画だが、雰囲気がどことなく西洋を感じるのはなんでだろう。

西部劇とスペイン辺りを足したような。